債務整理後のカードローンの利用は基本的に不可能

債務整理後でも急にお金が必要になることはあるでしょう。しかし、債務整理後には基本的にカードローンは利用できません。闇金のような違法なところを除けば、申し込んでも審査で確実に落とされます。

個人信用情報機関に情報が登録されている間は不可
債務整理後の一定期間は、個人信用情報機関にその情報が登録されます。一般的にブラックリストに載るとも言いますが、要はカードローン、キャッシング、クレジットカードなどお金に関する申し込みができなくなります。債務整理とは借金が返せなくなった人が行う行為ですので、そのすぐ後にお金を貸してくれるカードローン会社がないことは理解できるでしょう。しかし、債務整理の情報の登録期間(5年間)が終われば、審査の結果、融資可能と判断してくれる消費者金融もあるようです。

闇金には絶対に手を出さない
貸金業者にとって債務整理とは、返す約束でお金を貸したのにその約束を破られるようなものです。ですので、債務整理直後に貸してくれるようなお人好しな業者はないと考えましょう。違法な闇金業者なら融資できると誘ってくるかもしれませんが、そんなところでお金を借りたらまた借金地獄の始まりです。違法な取り立てもあるので、たとえお金に困っても闇金は絶対に利用しないでください。